ユニフォームデザインプロジェクト最終審査・表彰式(11/28)

11月24日(金)10:50より東京モード学園にて、ユニフォームデザインプロジェクト最終審査・表彰式を行いました。

写真①

開会にあたり、協賛頂きました団体の紹介の後、青柳会長より挨拶をさせていただきました。

写真②

写真③
▲青柳会長

続いて、審査委員の皆様の紹介をさせて頂き、代表して青木由行国土交通省建設流通政策審議官よりご挨拶をいただきました。

写真④
▲青木由行国土交通省建設流通政策審議官

そして、最終審査へと移ります。

応募総数497作品の中から男女各6作品ずつ、計12作品の発表を行い、プレゼンテーションにて最終審査を行いました。

写真⑤
▲最終審査に残った12名を発表をする佐古かがり審査委員

写真⑥

写真⑦

写真⑧

また、プレゼンテーションに対しての質疑応答もあり、各学生がデザインに込めた思いやユニフォームに対する考え、建設業界について考えるきっかけとなったことについてなど、学生からの貴重な意見を聞くことが出来ました。

写真⑨
▲質疑応答をする藏谷伸一審査委員

プレゼンテーションによる最終審査が終わり、緊張の結果発表に移ります。

結果は以下の通りです。
なお、入賞作品のデザインは、次回のブログでお伝えします。

[メンズ部門]
最優秀賞…森美哉子さん(ファッションデザイン学科2年)
優秀賞…荒木絵利加さん(ファッションデザイン学科3年)
      唯野礼菜さん(ファッションデザイン学科2年)

[レディース部門]
最優秀賞…鈴木茜理さん(ファッションデザイン学科2年)
優秀賞…石神りささん(ファッションデザイン学科3年)
      榊莉奈さん(ファッションデザイン学科4年)

写真⑩

各賞に輝いた皆さんには、青柳会長よりトロフィーと賞金を、各副会長より副賞として各地の特産品等をお送りしました。

写真⑪

写真⑫

受賞された学生のみなさん、おめでとうございます。

最優秀賞のお二人からコメントを頂いた後、宮崎桂審査委員長より「プレゼンテーションを聞いて、アイデアや機能性を通して皆さんの思いが分かり良かったです。今後、ユニフォームを通して建設現場でアピールしていけたらと思います。」と選評をいただきました。

写真⑬
▲宮崎桂審査委員長

最後に、協賛を代表して一般財団法人建設業振興基金の内田俊一理事長よりご挨拶をいただき、閉会となりました。

写真⑭
▲内田俊一理事長

閉会後には、受賞者の皆さんとの記念撮影も行い、盛況のうちに終えることが出来ました。

写真⑮

写真⑯
▲最優秀賞を受賞した2人

ユニフォームデザインプロジェクトの最終審査・表彰式の開催にあたって、国土交通省、各関係団体、東京モード学園関係者の皆様、そして今回応募して下さいました学生の皆様、ご協力をいただきありがとうございました。

今回受賞された6作品につきましては、ユニフォームメーカーのミドリ安全様にご協力を頂き試作品を作成し、来年2018年2月15日に発表を兼ねたデモンストレーションを同会場にて開催する予定です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR