FC2ブログ

ユニフォームデザインオリエンテーション開催(7/11)

建設業界では、若い人材を呼び込むため、適切な賃金水準の確保・週休2日の推進など、処遇改善による「働き方改革」に取り組んでいます。

全建協連の事業の一つとして、昭和51年からのユニフォーム共同購買実績を踏まえ、「現場で働いている人って格好いい」と思ってもらえるようなユニフォームをイメージし、最先端かつ新鮮なデザイン感覚を持った東京モード学園の学生とタッグを組み、「全建協連デザインユニフォームプロジェクト」を実施。

そのプレイベントとして、7月10日に東京モード学園の学生へのオリエンテーションを開催しました。



会場は東京モード学園。

DSC01865.jpg

ファッションデザイン学科及びファッション技術学科の学生のみなさん230名が参加。

DSC01878.jpg

青柳会長からの「一緒になって様々なことを考えることにわくわくしている。皆さんのアイディアが建設業界のイメージアップに繋がることを期待している」との挨拶の後、全建協連からの業界状況説明・プロジェクトの目的を説明しました。

【プロジェクトの目的】
 作業着で工事現場をカッコよくプロデュース
 作業着でも電車に乗れる・街を歩ける
 ファッションから建設業への理解促進
 企業のイメージアップ
 社員のモチベーションアップ
 工事現場での視認性向上
 リクルートの有効なツール    など


DSC01892.jpg

ミドリ安全㈱からは、既存のユニフォームを着用したモード学園の学生をモデルに、ユニフォームを作成する際のポイントや、ユニフォームの概念等の説明をしました。
学生からはユニフォームのデザインに関する質問も飛びました。

DSC01906.jpg

DSC01932.jpg

学生は学校の課題としてユニフォームデザインに取組み、11月に表彰式を行います。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR