FC2ブログ

中小建設企業のための「i-Constructionの概要」及び「BIM/CIMの活用」セミナー開催のお知らせ ( 10/2 )

セミナー案内・申込書(PDFファイル)
『「i-Constructionの概要」及び「BIM/CIMの活用」セミナー』チラシ

i-Construction(建設現場の生産性革命)による生産性の向上などの建設業行政施策が実現するためには、全ての発注者へ周知徹底されることが不可欠であるとともに受注者である中小企業自身もその役割を担うため、より積極的な対応が必要でです。
当連合会では、本年が「i-Construction深化の年」と位置づけられていることに鑑み、『中小建設企業のための「i-Constructionの概要」及び「BIM/CIMの活用」セミナー』を開催します。

なお、セミナー内容、日時、会場及び申し込みに関しては、下記をご確認いただき、「セミナー申込書」に必要事項をご記入ののうえ、お申し込みください。

セミナー案内・申込書(PDFファイル)

「i-Construction対応ICT土工研修に関するフォローアップ研修」第2回開催・群馬協会 ( 8/21 )

平成30年8月21日(火)、群馬建設会館において、「i-Construction対応ICT土工研修に関するフォローアップ研修」第2回(主催:群馬県建設業協会)が開催されました。
なお、当連合会は、本研修会は後援をしています。

180821写真1

【青柳会長】

 研修内容は、関係機関からの情報提供、最新技術の紹介及び研修参加者等による意見交換を行い、研修参加者のトレーニングを行いました。

研修内容は下記のとおりです。

Ⅰ.情報提供
「i-Constructionの取り組みについて」
・「国土交通省関東地方整備局が取り組むi-Constructionについて」
  国土交通省関東地方整備局企画部施工企画課 課長補佐  加藤貞夫  様
・「群馬県県土整備部が取り組むi-Constructionについて」
  群馬県県土整備部建設企画課 主幹 黒澤由昇  様

Ⅱ.最新技術の紹介
・「 マルチGNSS衛星と受信機」
  独立行政法人国立高等専門学校機構 群馬工業高等専門学校
   環境都市工学科 教授  先村律雄  様
・「最新のGNSS受信機と実用例」
  株式会社クリーンデータ 代表取締役 半谷一晴 様
・「問題発見・解決型学習(PBL)
  先村律雄  様 、 半谷一晴 様

180821写真2

180821写真3

Ⅲ.意見交換会
コーディネータ― 
 日本マルチメディア・エクイップメント株式会社 代表取締役 高田守康  様

(一社)利根沼田テクノアカデミー・八ッ場ダムの見学会について ( 6/18 )

(一社)利根沼田テクノアカデミー ・ 八ッ場ダム見学会

当連合会では、本年度も引き続き(一社)利根沼田テクノアカデミーと連携を図り、加入会員の地域のみならず全国に対し情報の発信等により支援することとし、八ッ場ダムの見学ともに見学会を下記のとおり開催します。
18(一社)利根沼田テクノアカデミー見学会案内文(修正3) - コピー

1.目   的
(1) 訓練校の概要確認
(2) 訓練生の技術習得の現状把握
(3) 訓練校の運営ノウハウの情報収集
(4) ダム工事の理解・現場見学 等

2.運   営
【主催】全国建設業協同組合連合会
【共催】(一社)群馬県建設業協会、群馬県建設事業協同組合

3.場   所
(1)(一社)利根沼田テクノアカデミー
   群馬県沼田市利根町日影南郷335-1(瓦・水道設備)
(2) 八ッ場ダム
   群馬県吾妻郡長野原町大字河原

4.参加資格
(1) 建設関連の全国団体
(2) 当会加入の建設業協同組合
(3) 都道府県協会(支部)
(4) 建設業に興味のある方 等

5.開 催 日
(1) 日  程:平成30年10月3日(水)
(2) 時  間:10時15分~18時30分
(3) 定  員:25名
(4) 会  費:4,000円(移動バス費用・昼食代:当日集金)
        *上毛高原駅までは各自負担
(5) 見学内容:・屋内施設(教室、宿泊施設 他)
         ・(一社)利根沼田テクノアカデミー(瓦・水道設備)
           ①屋外施設(実技演習)
           ②意見交換
         ・八ッ場ダム
(6) スケジュール: ①集  合  10:15(上毛高原駅)
        ②見学➀   11:00(利根沼田テクノアカデミー)
        ③昼  食  12:00(曲屋)
        ④移  動  12:45
        ⑤見学②   14:30(八ッ場ダム)
        ⑥見学終了  17:00
        ⑦解  散  18:30(上毛高原駅)
                  *八ッ場ダムの見学時間帯が未確定のため
                   スケジュールを変更する場合があります。

6.締切日:平成30年8月3日(金)

7.備考
(1) 参加人数及び天候の状況により、見学会を中止又は内容の変更をする場合があります。
(2) 定員オーバーの場合は、お申込みを断りさせて頂くことがございます。

8.お問合せ・お申込み先

全国建設業協同組合連合会 事務局 (遠藤)

ユニフォームデザインプロジェクト発表会(2/16)

2月15日(木)13:30より東京モード学園にて、ユニフォームデザインプロジェクト発表会・デモンストレーションを行いました。
開会にあたり、協賛頂きました団体・審査員の紹介の後、青柳会長が挨拶を行いました。

写真①

写真②
▲青柳会長

続いて、来賓を代表して毛利信二国土交通事務次官並びに足立敏之参議院議員よりご挨拶をいただきました。

写真③
▲毛利信二国土交通事務次官

写真④
▲足立敏之参議院議員

そして、本プロジェクトの説明と佐古かがり委員がユニフォーム製作過程の説明を行い、デモンストレーションへと移りました。

写真⑤
▲佐古かがり委員

昨年の最終審査で表彰された6作品のデザインユニフォームを着用したモデルが登場し、音楽に合わせてユニフォーム発表を行いました。

写真⑥

写真⑦

発表後は、一作品ずつ佐古委員からの作品コンセプトの説明を行い、藏谷伸一委員や受賞者が感想を述べました。

写真⑧

写真⑨
▲藏谷伸一委員(右)

写真⑩

写真⑪

そして、閉会にあたって、まず宮崎桂審査委員長より発表会の総評を頂きました。

写真⑫
▲宮崎桂審査委員長(右端)

また、協賛頂いた内田俊一 一般財団法人建設業振興基金理事長よりご挨拶を、審査委員を務めて頂いた青木由行国土交通省建設流通政策審議官より総括を頂きました。

写真⑬2
▲内田俊一 一般財団法人建設業振興基金理事長

写真⑭
▲青木由行 国土交通省建設流通政策審議官(右)

閉会後には、記念撮影も行い、盛況のうちに終えることが出来ました。

写真⑮

写真⑯

ユニフォームデザインプロジェクト開催にあたって、国土交通省、各関係団体、東京モード学園関係者の皆様、そして今回応募して頂きました学生の皆様、モデルを務めて頂いた学生の皆様、多大なご協力をいただきありがとうございました。

写真⑰

i-Construction対応ICT土工研修に関するフォローアップ研修開催(1/31)

平成30年1月30日(火)、群馬建設会館において、「i-Construction対応ICT土工研修に関するフォローアップ研修」(主催:(一社)群馬県建設業協会、後援:国土交通省関東地方整備局、群馬県、(一社)全国建設業協会、全国建設業協同組合連合会)が開催されました。

写真①
【青柳会長】

 研修前半は関係機関からの情報提供、後半は研修参加者等による意見交換を行い、研修参加者を次のステップへと導きました。

研修内容は下記のとおりです。

Ⅰ.情報提供
(1) 「i-Constructionの取り組みについて」
・「国土交通省関東地方整備局が取り組むi-Constructionについて」
国土交通省関東地方整備局企画部施工企画課 課長補佐  加藤貞夫  様
・「群馬県県土整備部が取り組むi-Constructionについて」
群馬県県土整備部建設企画課 主幹 黒澤由昇  様

(2)「 群馬高専が取り組むICT土工について」
独立行政法人国立高等専門学校機構 群馬工業高等専門学校
環境都市工学科 教授  先村律雄  様

(3) 「他県で取り組んでいるi-Construction教育及び企業経営上の課題について」
日本マルチメディア・エクイップメント株式会社
代表取締役 高田守康  様
テクニカルスペシャリス  花坂弘之  様

Ⅱ.意見交換会
「関係機関とICT土工研修受講者(企業)との意見交換及び情報共有」
・研修の効果と課題
・研修後の各社の水平転換 
・今後ICTを進化させるには
・その他 
コーディネータ― 一般社団法人群馬県建設業協会
全国建設業協同組合連合会 会長 青柳 剛

写真②

写真③
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR